お金がほしい

Just another WordPress site

自分の小遣い

Posted on | 9月 27, 2017 | No Comments

自分の小遣いで文庫本を買うようになったのは、中学生の時ですが、その最初期に購入した本の中の一冊がゲオルギウの『二十五時』でした。第二次世界大戦に翻弄される人々の運命を淡々と描いた分厚い本書は、それまで読んだことがないタイプの本でした。そこで私は「現代文明の本質とは何か」「人はその中でどのように生きることができるのか」という著者の問いかけに唖然とし、考え込んでしまいました。
 高校3年の時だったかな、現代国語で「数箇月かけて一つのテーマに沿って何冊か読書をし、レポートを書け」という課題で私は『二十五時』を底本として「物質文明と文学」というお題で四〇〇字詰め原稿用紙100枚くらいの“長編”を書いてしまいました。読んだ本も数十冊。今にして思うと「未熟の産物」ではありますが、クラス担当ではない国語教師たちにまでずいぶん好評で良い成績をもらえましたっけ。さらに大学入試での小論文のお題が「公害について」だったのですが、ここでも『二十五時』を“活躍”させたおかげか、合格となりました。
 たった数百円の文庫本でしたが、私はしっかり人生で“元”を取れた(というか、相当得をした)ようです。

  • 長崎市 バイク屋
  • 佐世保市 バイク屋
  • 島原市 バイク屋
  • 諫早市 バイク屋
  • 大村市 バイク屋
  • 平戸市 バイク屋
  • 松浦市 バイク屋
  • 対馬市 バイク屋
  • 壱岐市 バイク屋
  • 五島市 バイク屋
  • 西海市 バイク屋
  • 雲仙市 バイク屋
  • 南島原市 バイク屋
  • 1地球年の長さを約8.8キロ

    Posted on | 9月 27, 2017 | No Comments

    1地球年の長さを約8.8キロ時と表現する時代。「一年」がその約3倍もある、ここではないどこかにあるエンバシータウン。人には発音できない文字が使われる文明。通常宇宙(マンヒマル)と恒常宇宙(イマー)。人類とは直接にはコミュニケートできないその惑星の先住民「ホスト(アリエカ人)」。ホストとコミュニケートするためにクローン生成された2人一組の「大使」。
     満天の星空のようにめくるめく「世界」が、ほとんど説明抜きで読者の前に展開されます。
     語り手の「わたし」アヴィスは「直喩」としての役割を与えられ「食事のために作られたがしばらく食事には使われていなかった古い部屋であたえられたものを食べた苦しみのうちにある人間の少女」と呼ばれることになり、長じて「イマー」を渡る「イマーサー」となります。そして夫になったり妻になったりで結婚を何度か経験し、そして、異例なことに、エンパシータウンに“帰郷”することを決心します。
     もう「お腹いっぱい」と言いたくなりますが、これはほんの「序章」に過ぎません。ここまででたった60ページを費やしただけ。本書はぎっちり二段組みで490ページもある“重い本”です。覚悟して読み進めることにしましょう。
     ホスト(アリエカ人)が使うことばは「ゲンゴ」と呼ばれますが、同時に二つの口から発せられる音声で構成されます。人類も二重音を機械的に発してみます。しかし「音」だけではそれは「ノイズ」です。「魂」がその「ノイズ」の背後に存在している場合だけ、ホストはそれを「ゲンゴ」として認識するのです。

  • 下関市 バイク屋
  • 宇部市 バイク屋
  • 山口市 バイク屋
  • 萩市 バイク屋
  • 防府市 バイク屋
  • 下松市 バイク屋
  • 岩国市 バイク屋
  • 光市 バイク屋
  • 長門市 バイク屋
  • 柳井市 バイク屋
  • 美祢市 バイク屋
  • 周南市 バイク屋
  • 姫を巡る兵たちの狂騒

    Posted on | 9月 24, 2017 | No Comments

    景姫は故郷に帰ってしおらしく過ごすことになります。しかし、木津川合戦が始まろうとしていました。村上海賊の長はついに毛利家に協力することを決断したのです。しかし「先」を見る目を持った人びとは、この合戦は「非情の決断」によるものであることを理解していました。
     水軍の船数は、織田方が300艘、毛利方は1000艘。どうみても毛利方が圧倒的に有利です。しかし、毛利方は負け戦を覚悟します。なぜなら船隊の大部分は食料の輸送船で、戦闘できるのはせいぜい200艘、しかも織田方に付いたのが勇猛で知られた真鍋海賊なのです。しかし織田方も負け戦を覚悟します。毛利方の船隊のうちどれくらいが戦闘力があるのかがわからない上に、300艘のうち真鍋の船は150艘、残りの船に乗っている兵士は海戦に不慣れな陸の武士なのです。お互いの戦力を測りかね、奇妙なにらみ合いが続きます。
     そこへ飛び込んできたのが「鬼手」でした。
     ここで、上巻の冒頭におかれた「姫を巡る兵たちの狂騒」が伏線であったことがわかります。いやあ、600ページ以上も前の伏線なんて、普通は覚えていませんってば。もちろん「伏線のだめ押し」が何回かあったからこそこちらも覚えていることができたんですけどね。

  • 奈良市 バイク屋
  • 大和高田市 バイク屋
  • 大和郡山市 バイク屋
  • 天理市 バイク屋
  • 橿原市 バイク屋
  • 桜井市 バイク屋
  • 五條市 バイク屋
  • 御所市 バイク屋
  • 生駒市 バイク屋
  • 香芝市 バイク屋
  • 葛城市 バイク屋
  • 宇陀市 バイク屋
  • 自分の怠慢と傲慢さ

    Posted on | 9月 22, 2017 | No Comments

    彼女は37歳で死んだ、と想像したら彼女の人生が理解しやすくなる、と。自分の怠慢と傲慢さが軍の喪失の一因となったこと・自分が最初は真実を否認していたこと・女王までからんでいるため仕方なく隠蔽工作に同意したこと、により3度も兵士を裏切ったと感じることで、抑圧された罪悪感でナイチンゲールは苦しみ続けることになります。しかしナイチンゲールは“行動の人”でもありました。彼女は「自分の文書からクリミア戦争での自慢話を削除」「自身を“終身刑”に処す(病床への引きこもり)」「クリミア戦争でこうしたら上手くいっていたであろう、という行動を(特に組織管理に関して)以後は徹底して取る」という行動の変容を行います。さらに「ナイチンゲール基金」によって看護学校を設立・運営することからも彼女は手を引きます。まるで関心を失ったかのように。

  • 豊明市 バイク屋
  • 日進市 バイク屋
  • 田原市 バイク屋
  • 愛西市 バイク屋
  • 清須市 バイク屋
  • 北名古屋市 バイク屋
  • 弥富市 バイク屋
  • みよし市 バイク屋
  • あま市 バイク屋
  • 長久手市 バイク屋
  • 丹念に結晶を観察

    Posted on | 9月 22, 2017 | No Comments

    19世紀半ばのフランスの理工系高等教育には、エコール・ポリテクニーク(国家公務員の科学者となるエリートコース)とエコール・ノルマル(中等教育学校の教師になるコース)がありました。ルイ・パスツールはいろいろ進学の苦労をした上で、エコール・ノルマルで化学と物理を専攻し、実験の面白さに目覚めます。
     ワイン生産の副産物である酒石酸にはラセミ酸という異性体が存在しています。酒石酸の溶液は光学活性(偏光を旋回させる性質)がありますが、酒石酸と化学式も結晶構造も同じラセミ酸は光学不活性を示します。化学者は頭を抱えますが、24歳のパスツールは顕微鏡で

    丹念に結晶を観察し、酒石酸は“右利き”の結晶ばかりだが、ラセミ酸は“右利き”と“左利き”の結晶が同量混じっていることを発見しました(右手と左手のように鏡に映ったように立体構造が対称になっている構造のお話です)。新進気鋭の研究者として名前が売れたパスツールは将来への希望に燃えますが、教師の仕事は実験の時間を奪います。さらにいくら努力しても光学異性体の秘密は解けず、パスツールは「発酵」に方針変換します。最初の論文は「牛乳が酸っぱくなるのは、(それまでの定説の)化学的な腐敗過程ではなくて、微生物の活動で起きる現象である」と主張した革新的なものでした。3年後にはアルコール発酵についても発表します。革新的ですから、多くの人はそれを受け入れません。しかしパスツールは、野心と意欲と勤勉さで、「発酵現象」を追求し続けます。

  • 小諸市 バイク屋
  • 伊那市 バイク屋
  • 駒ヶ根市 バイク屋
  • 中野市 バイク屋
  • 大町市 バイク屋
  • 飯山市 バイク屋
  • 茅野市 バイク屋
  • 塩尻市 バイク屋
  • 佐久市 バイク屋
  • 千曲市 バイク屋
  • 東御市 バイク屋
  • 安曇野市 バイク屋
  • 南佐久郡小海町 バイク屋
  • 南佐久郡川上村 バイク屋
  • 南佐久郡南牧村 バイク屋
  • 「チューリング・テスト」と「チューリング・マシン」

    Posted on | 9月 22, 2017 | No Comments

    「チューリング」で私がすぐ想起するのは「チューリング・テスト」と「チューリング・マシン」です。
     アラン・チューリングは、一風変わった学生として育ち(記述を読むとちょっとアスペルガー症候群のにおいもします)、数学の才能を発揮して22歳でキングス・カレッジの特別研究員に選ばれます。そこで「ゲーデルの不完全性定理」とそれに関するニューマンの講義を受けて36年に「計算可能な数について」という伝説的な論文を独力で書き上げます。そこには「テープ」をメモリーとし紙テープとそれを読み書きできる「スキャナー」から機械部分が構成され、さらにそこに「プログラム」が搭載された「万能チューリングマシン」の姿が描かれていました。そして、万能チューリングマシンに無限のメモリーと無限の時間を与えても、明確に定義された数学問題の中には「万能マシンでは解けない問題」が存在することが証明されました。これはゲーデルの定理に匹敵する驚くべき結果でした。ゲーデルは「数学の証明」の不完全さを概念的に示しましたが、チューリングはそれをさらに一般化し、具体的に「実際に解けない問題」も提示できたのです。ただしこの時点でチューリング・マシンを作るとしたら、使えるのは歯車か「リレー」でした。トランジスタどころか真空管の時代も、まだ先のことだったのです。
     チューリングは渡米、プリンストン大学で博士課程に入ります。そこで書いた論文「序数に基づく論理システム」に登場する「神託マシン」は、要は現代のパソコンやスマートフォンのような、外部のデータベースと交信するコンピューターの数学モデルでした。フォン・ノイマンはチューリングを助手に採用しようとしますが、チューリングはその話を断り帰国します。戦争が近づいていました。ケンブリッジでチューリングは、学生を教え、ウィトゲンシュタインの講義を受け、ドイツの暗号機械「エニグマ」の暗号解読に取り組みます。18箇月の格闘の末、ついにチューリングはUボートのエニグマ解読に成功します。これは戦争の終結を1~2年早めた、と本書では評価されています。チューリングは暗号解読機械「ボンブ」を製作し、30台も機械が並ぶ“兵舎”には解読者の女性が大量に動員されてまるで工場の様相でした。

  • 武蔵野市 バイク屋
  • 三鷹市 バイク屋
  • 青梅市 バイク屋
  • 府中市 バイク屋
  • 昭島市 バイク屋
  • 調布市 バイク屋
  • 町田市 バイク屋
  • 小金井市 バイク屋
  • 小平市 バイク屋
  • 日野市 バイク屋
  • 東村山市 バイク屋
  • 国分寺市 バイク屋
  • 国立市 バイク屋
  • 福生市 バイク屋
  • 狛江市 バイク屋
  • 「ブランド牛」は食肉としての価値

    Posted on | 9月 22, 2017 | No Comments

    現在の「ブランド牛」は食肉としての価値が問われていますが、戦前の日本では「労働」(牽引力、性格、餌をどのくらい消費するか)が問われていたようです。自然、牛の品種改良もその線に沿って行われることになりますし、牛の育成の方法論・小作に出すシステム・売買システムも必要になります。本書で注目されている地域は、島根・鳥取・広島・岡山の県境が接するあたりですが、たしかにその辺は今でも牛の生産地としては有名なところです(全国的に名前が売れているかどうかは知りませんが)。
     役牛は“商品”としては高価・貯蔵が困難・規格化が困難、などの条件があって特殊です。だからこそその取引は人が多く関与する“前近代的”なものでした。信用と信頼と口約束でことは動いていたのです。しかし資本主義が進展するにつれ、“システム”は少しずつ洗練されていきます。
     出雲地方では、牛と同時に馬が重視される、という特徴がありました。これはたたら製鉄によるものだ、と著者は述べます。そして、たたらが衰退するにつれ馬の比率は減っていきます。

  • 西八代郡
  • 福寿院【山梨県西八代郡】
  • 大月市
  • 一日堂【山梨県大月市】
  • 石井康尋【山梨県大月市】
  • 中央市
  • 有限会社マミィー【山梨県中央市】
  • 中巨摩郡
  • 占い日和【山梨県中巨摩郡】
  • 笛吹市
  • 癒しの占いcocodama【山梨県笛吹市】
  • 観音塾【山梨県笛吹市】
  • ユライ【山梨県笛吹市】
  • 都留市
  • 龍石寺【山梨県都留市】
  • 龍石寺【山梨県都留市】
  • ロザリナ(ROSALINA)【山梨県都留市】
  • 無知で傲慢で教条主義

    Posted on | 9月 22, 2017 | No Comments

    ウルチ・アリたちは「海賊」です。「戦争」となると正規軍とともに艦隊を編成しますが、ふだんはイスラムの海賊としてのびのびと活動しています。「過去」がややこしくねじれている人々にとって「現在の自由」は貴重なものなのです。ところが「戦争」が、その「自由」も奪っていきます。勝利の後に敗北。そして「死」が、有能で高潔な人も無能で下劣な人もさらっていきます。ウルチ・アリはその有能さを認められ、トリポリの太守、ついでアルジェリアの太守に任命されます。オスマン帝国に対する「十字軍」結成の動きが高まり、それに呼応するかのように地中海の船乗りたちは安全なアルジェリアに集まり始めます。そしてレパントの海戦。勅命では「決定を下す前にアルジェリアの太守に相談すること」とあったのに、無知で傲慢で教条主義の提督は、勇ましく敗北への道に突進します。訂正、敗北ではありませんでした。大敗北です。本人が自身の愚かさの犠牲になるのは当然ですが、問題は全艦隊がそれに巻き込まれることです。そして、あほな提督はさっさと死んで現場を逃げ出し、その失敗の責任は誰か他の者が取らなければなりません。しかし、あまりの大敗北のため宮廷もショックを受けたのでしょう、あろうことかレパントの海戦で副将だったウルチ・アリは海軍提督に任じられます。そして「ウルチ(イスラムに改宗したことを示す特有の名前)」を「クルチ(剣)」に改名します。
     クルチ・アリの最初の仕事は、艦隊の再生でした。オスマントルコには、そのための財力はありました。そして、そのことに理解のある大宰相も。停戦協定が結ばれ、クルチ・アリを恐れた教皇側は、最初はカラブリアの男爵位を、ついでサレルモ公国をオスマントルコに対する裏切りの報償として示します。もともとキリスト教徒だから戻ってこい、と。クルチ・アリはにべもなく拒絶します。

  • 川崎市麻生区
  • シュレイの占い【神奈川県川崎市麻生区】
  • 相模原市中央区
  • 女性専用タロット占いterre【神奈川県相模原市中央区】
  • あしれす【神奈川県相模原市中央区】
  • 相模原市南区
  • 占いの館【神奈川県相模原市南区】
  • 天野泉【神奈川県相模原市南区】
  • ウインドフォーチューン【神奈川県相模原市南区】
  • 占いの館【神奈川県相模原市南区】
  • 有限会社カオル産業【神奈川県相模原市南区】
  • 有限会社カオル魂清浄研究所【神奈川県相模原市南区】
  • カオルESP研究所【神奈川県相模原市南区】
  • 有限会社カオル産業【神奈川県相模原市南区】
  • 紫晃舘相模大野ステーションスクエア【神奈川県相模原市南区】
  • マリフォーチュン【神奈川県相模原市南区】
  • 癒の館【神奈川県相模原市南区】
  • 革新的な新政策

    Posted on | 9月 22, 2017 | No Comments

     大化の改新では、(土地の管理や税制、墳墓の建築などに関して)様々な革新的な新政策が発布されました。ところが著者が調べると、それらはすでに蘇我氏がプランを立てていたり、すでに実行されていたものだったのだそうです。
     本書を読んだ私の印象では「大化の改新」は「新しく出現した“官僚”」と即位を望む軽皇子が組むことによって起きたクーデターで、蘇我氏は「打倒されるべき旧勢力の代表」として槍玉に挙がっただけのようです。蘇我氏はたまたま「悪い場所」にいたわけ。だからこそ、蘇我氏が滅亡したあとに「なぜ蘇我氏が討たれなければならなかったか」の「大義名分」が新たに必要になったのでしょう。
     こうやって精密な解析にかけられてしまうと、「歴史の真実」ってなんだろう、なんてことも思ってしまいます。権力者が「秘密」が好きになるわけだな。

  • 墨田区
  • 開運館E&E錦糸町鑑定所【東京都墨田区】
  • 産霊運命鑑定【東京都墨田区】
  • 株式会社開運道【東京都墨田区】
  • Anjupa‐mi【東京都墨田区】
  • 東京易学研究会【東京都墨田区】
  • 明法道場【東京都墨田区】
  • ファーストクラス

    Posted on | 9月 18, 2017 | No Comments

     ファーストクラスでの“(白人上流社会の)リッチな生活”(珍しい食材、料理、酒、マナー、姿勢、ファッションなど)も、ニセイ・スチュワーデスにとっては文化的な衝撃でした。彼女らは新奇な体験に驚きつつ、適応を迫られます。当時の接客サービスは現代のものより丁寧で、そのため、乗客とスチュワーデスの間の社会階級の違いが(飛行機の中では)曖昧になる傾向がありました。その結果の一つが「玉の輿」です。
     逆に、職業婦人に徹してしまったため未婚を通した(あるいは結婚しても子供を持たなかった)人も多くいます。これは日系社会の“行動規範(就職は腰掛けで少しでも早く寿退社をするべし)”に反する行動でした。しかしそれは「会社と個人が一体化する」姿でもあります。本書には「彼女たちはパンナムになったのだ」とあります。
     パンナムは「コスモポリタニズムの覇者」を目指していました。アメリカ白人上流階級の価値観から見て「都合の良い地球」です。しかし「パンナムに乗って飛んだニセイ・スチュワーデス」は「別の天翔る夢」を見ていました。フロンティアとは「挑むべきテーマがある場所」のことでもありますが、パンナムとニセイ・スチュワーデスとは「同じフロンティア」でそれぞれ別のテーマに挑んでいたようです。そして、その両者の行動は、「障壁」をその両側から越えようとしているもののようにも私には見えます。

  • 秋田市 バイク屋
  • 能代市 バイク屋
  • 横手市 バイク屋
  • 大館市 バイク屋
  • 男鹿市 バイク屋
  • 湯沢市 バイク屋
  • 鹿角市 バイク屋
  • 由利本荘市 バイク屋
  • 潟上市 バイク屋
  • 大仙市 バイク屋
  • 北秋田市 バイク屋
  • にかほ市 バイク屋
  • 仙北市 バイク屋
  • keep looking »

    About

    This is an area on your website where you can add text. This will serve as an informative location on your website, where you can talk about your site.

    Subscribe to our feed

    Search

    Admin